リジェクトへの対処法―起死回生のチャンスを掴む

Session Agenda

影響力のあるジャーナルへの論文掲載は、すべての研究者の目標です。エナゴアカデミーが開催する今回のオンラインセミナーでは、リジェクトを乗り越えるためのベストプラクティスと査読者コメントへの効果的な回答方法をお伝えします。

本セミナーのトピック

  • 査読プロセス
  • リジェクトされる要因
  • 不採用通知によくみられる不採用の理由と、不採用通知のサンプル
  • 査読者コメントの理解と効果的な回答
  • リジェクトを回避するためのポイント

Who should attend this session?

  • 博士課程の大学院生
  • 博士研究員(ポスドク)
  • 主任研究員
  • 研究教授

About the Speaker

田口善弘 教授(中央大学理工学部物理学科)

1961年東京生まれ。1988年東京工業大学理工学研究科卒。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究を通じて100を超える論文を発表。また過去5年間だけでも『BMC Medical Genomics』『Medicine (Lippincott Williams & Wilkins journal)』『PLoS ONE』『IPSJ Transaction on Bioinformatics』など50以上の国際ジャーナルにおいて査読を担当。バイオインフォマティクスの国際学会「InCob」では、2014年と2017年に最優秀論文賞、 2018年には最優秀口頭発表賞を受賞するなど数多くの受賞歴を持つ。著作も多数あり、『砂時計の不思議』では第12回講談社出版文化賞科学出版賞を受賞。

  • Register Now for FREE!

  • About the Speaker

    Prof. Y-h Taguchi

    東京工業大学理工学研究科卒。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究生活を通して100を超える論文を発表