論文を投稿するジャーナルを決める

Session Agenda

論文の内容に合ったジャーナルに投稿することで、論文は適切な読み手の目に留まり、多く引用されるようになります。多くの引用は、研究者としてのキャリアにつながり、同時に、研究界にも有意義な影響をもたらします。論文が良質のジャーナルに掲載されることで、専門分野における知見の蓄積を促し、ひいては人類社会の発展に貢献することにつながっていきます。

本セミナーでは、適切なジャーナル選択の方法を紹介します。論文採択の可能性を高めるために、ぜひお役立てください。

本セミナーのトピック

  • ジャーナルの目的や注目度、認知度について
  • ジャーナルの質の評価と重要指標について
  • 著作権、オープンアクセス、査読など、重要な概念について
  • 適切なジャーナルを選ぶときに利用できるツールの一覧

Who should attend this session?

  • 大学院生
  • 若手研究者

About the Speaker

田口善弘 教授(中央大学理工学部物理学科)

1961年東京生まれ。1988年東京工業大学理工学研究科卒。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究を通じて100を超える論文を発表。また過去5年間だけでも『BMC Medical Genomics』『Medicine (Lippincott Williams & Wilkins journal)』『PLoS ONE』『IPSJ Transaction on Bioinformatics』など50以上の国際ジャーナルにおいて査読を担当。バイオインフォマティクスの国際学会「InCob」では、2014年と2017年に最優秀論文賞、 2018年には最優秀口頭発表賞を受賞するなど数多くの受賞歴を持つ。著作も多数あり、『砂時計の不思議』では第12回講談社出版文化賞科学出版賞を受賞。

  • Register Now for FREE!

  • About the Speaker

    Prof. Y-h Taguchi

    東京工業大学理工学研究科卒。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究生活を通して100を超える論文を発表

  • X

    Sign-up to read more

    Subscribe for free to get unrestricted access to all our resources on research writing and academic publishing including:

    • 2000+ blog articles
    • 50+ Webinars
    • 10+ Expert podcasts
    • 50+ Infographics
    • Q&A Forum
    • 10+ eBooks
    • 10+ Checklists
    • Research Guides