誰を論文の著者や貢献者とするか ― 研究者のためのオーサーシップ基礎知識

Session Agenda

研究論文の著者資格(オーサーシップ)、つまり誰を著者や貢献者とするかについて、お悩みではないでしょうか。論文の著者と貢献者を挙げる際のガイドラインについて正確に把握できているでしょうか。学術研究の多くは複数の研究者による共同作業ですが、誰を著者にして、誰を貢献者にするかは原稿執筆の際の難題の一つです。今回のオンラインセミナーでは、参加者の皆さまに以下の点について解説します。

  • 医学雑誌編集者国際委員会(ICMJE)が定める著者資格
  • 著者と貢献者の違い
  • 著者を決める際に起こりがちな倫理的ジレンマを回避する方法
  • 何人まで著者として記載できるか
  • 代表著者および共著者となれる条件
  • オーサーシップをめぐる争いの解決策
  • 著者のためのリソース

Who should attend this session?

  • 大学院生
  • 若手研究者
  • 実績のある研究者

About the Speaker

田口善弘 教授(中央大学理工学部物理学科)

1961年東京生まれ。1988年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究を通じて100を超える論文を発表。また過去5年間だけでも『BMC Medical Genomics』『Medicine (Lippincott Williams & Wilkins journal)』『PLoS ONE』『IPSJ Transactions on Bioinformatics』など50以上の国際ジャーナルにおいて査読を担当。バイオインフォマティクスの国際学会「InCob」では、2014年と2017年に最優秀論文賞、 2018年には最優秀口頭発表賞を受賞するなど数多くの受賞歴を持つ。著作も多数あり、『砂時計の七不思議』では第12回講談社出版文化賞科学出版賞を受賞。

  • Register Now for FREE!

  • About the Speaker

    Prof. Y-h. Taguchi

    東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理。30年以上の研究生活を通して100を超える論文を発表

  • X

    Sign-up to read more

    Subscribe for free to get unrestricted access to all our resources on research writing and academic publishing including:

    • 2000+ blog articles
    • 50+ Webinars
    • 10+ Expert podcasts
    • 50+ Infographics
    • Q&A Forum
    • 10+ eBooks
    • 10+ Checklists
    • Research Guides